強さの裏付けがここに!イノスの構造カルテ

イメージ イノスの家では、お客様のお住まいに、構造カルテを発行しています。

イノスグループの家は「XCAD」と呼ばれるコンピューターシステムで、一邸一邸を構造計算。地域ごとの耐震・耐風・積雪などのデータを基に重要なポイントとなる5項目のすべてに合格した建物に、強さの証として「構造カルテ」をお渡しいたします。

建築基準法の要求以上に厳しい基準  5つのチェック 構造カルテのメリット 1. 阪神・淡路大震災や室戸台風クラスの外力にも負けない構造強度を確保できます。2. 構造チェックはコンピュータによって厳格に実施。信頼性は抜群です。3. 強度診断によって過剰な耐震対策が回避でき、適正な建設コストを実現します。
1 壁量チェック 壁の量
イメージ 充分な量の耐力壁が入っているかどうかをチェックします。

地震や風圧への抵抗力となるのが、耐力壁の量です。
積雪の重さや風圧による力まで考慮して、
必要な壁量が配置されているかをチェックします。

耐力壁量が少ないと… 図面上に配置されている耐力壁の量をコンピュータで算出。建築基準法と比較し、充分な量を確保している場合、合格。 ●参考:1階耐力壁の配置図 イノスの家では、建築基準法を大幅に   上回る量の耐力壁を配置しています。
2  偏心率チェック 壁のバランス
イメージ 耐力壁の配置バランスをチェックします。

壁の量が多くても、配置が偏っていては、
充分な効果が期待できません。そのため、
耐力壁がバランスよく配置されているかをチェックします。

壁のバランスが悪いと…配置バランスが悪くねじれやすい!(偏心率が大きい) バランス良く配置されて強い。(偏心率が小さい) 1.建物の重心と剛心の位置を計算し、偏心距離を算出します。 2.偏心距離をもとに、偏心率をチェックします。 ●参考:1階重心・剛心図 イノスの家では、偏心率0.2以下を推奨しています。(建築基準法では、偏心率0.3以下を基準)
3 梁せいチェック 梁の強さ
梁にかかる建物の自重の例 折れたり、大きくたわまない梁が配置されているかをチェックします。

住まいの自重や地震・台風・積雪などによって、
梁には大きな力が加わります。
そのために必要梁せいをもつ梁が配置されているかをチェックします。

梁が弱いと… 1.梁に加わる力によって、1.折れないこと、2.基準以下のたわみに収まること、この2つ観点から必要梁せいをコンピュータで算出。 2.梁にかかる力を一本一本確認し、必要梁せい以上かどうかをチェック。 イノスの家では、構造計算で求められた梁せい以上の梁を配置しています。※床荷重のみを受ける梁は、0.65cm以下としています。
4  柱の座屈、土台、梁のめり込みチェック 柱の強さ
荷重によって、柱が梁や土台にのめり込む 十分な強さの柱・土台・梁が配置されているかをチェックします。

壁と同様に、柱にも力はかかります。
力を受けた時に折れないよう、また、土台・梁にめりこんだりしないよう、必要な強さを持った柱や土台、
梁が配置されているかをチェックします。

柱が弱いと…充分な強度がないと柱が土台や梁にめりこんでしまいます。 充分な強度があるので、土台、梁にめり込まず、想定された荷重に耐えられます。 1.柱にかかる力の大きさを算出。 2.柱や土台、梁が充分な太さを確保しているか一本一本をチェック。 ●参考:1階柱軸力分布図(kN)カッコ内は短期荷重時の軸力 イノスの家では、座屈しない太さの柱、また、柱がめりこまないために必要な強度を持った土台、梁を配置します。
5  柱の引き抜きチェック 接合部の強さ
イメージ 柱と土台、梁が、充分な強度の接合金物で緊結されているかをチェックします。

地震や台風による水平力を受けた場合、
土台・梁から柱を引き抜こうとする力が発生します。
そのため、これに耐えうる強度をそなえた
接合金物が配置されているかをチェックします。

接合部が弱いと… 1.柱の接合部にかかる引き抜き力の大きさを算出。 2.引き抜き力に対して、接合金物が充分な強度を持っているかをチェックします。 ●参考:1階接合金物の必要耐力伏図 イノスの家では、柱に発生する引き抜き力に対し、余裕を持つ接合金物を配置しています。