イノス・わんにゃんクラブ

プロに訊く、住まいとペットの素敵な関係

ドッグスタイリスト ERIさん

まず、愛犬の居場所を作ってあげましょう

愛犬との暮らしは、想像以上に素敵な出来事と出合えます。ただし、愛犬と充実した日々を送っていくためには、ご近所や外出先など、まわりの迷惑をかけないよう、いくつかのマナーを覚えないといけません。また、散歩や食餌など、生活のルールを決めることも大切です。住まいの環境を整えることも必要です。まず愛犬が落ち着いて過ごせる居場所を作ってあげましょう。そこは愛犬にとって怖い時に逃げ込んだり、大切なものを隠しておく場所。人通りの多い場所や音が気になる場所、湿度差の激しい場所は避け、愛犬が安全に、安心して過ごせる場所を選んであげましょう。また、清潔が保てるよう、掃除のしやすさも考慮しておきます。

新しい視点が見つかる、愛犬との暮らし

愛犬との暮らしを楽しむためには、愛犬が室内を走り回っても大丈夫な、滑りにくい床にしたいものです。そして、傷や汚れに強く、愛犬にやさしい建材を選ぶことも大切。愛犬が家具などにもぶつからず、気持ちよく遊べるような部屋づくりを。イタズラ好きの愛犬のためには、モノを置く位置にも配慮しなくてはなりません。目に入ったモノが気になるのは当然のことですから、愛犬の目の届かない位置に置いたり、扉付きの収納を利用するなどの工夫を。「して欲しくないことは体験させない」ことはしつけのポイントのひとつ。収納を十分確保し、すっきりとした暮らしをすれば人も愛犬も気持ちよく過ごせます。
愛犬と一緒に暮らしていると今までとは違う視点でまわりが見えてきます。カラフルでかわいい愛犬グッズもそのひとつ。デザインにこだわり、インテリアのアクセントにするのも楽しいもの。犬の習性を考慮したうえで、レイアウトやカラーコーディネイトを考えれば、より快適な暮らしが楽しめるはず。ぜひ、愛犬との素敵な暮らしを見つけてください。

犬のイメージ

部屋のイメージ

株式会社建築倶楽部 建築家 前田敦さん

愛犬との家にこそ、バリアフリー設計を

バリアフリーデザインとは身体の不自由な方々の障壁を取り除く配慮をしながら空間を創造していくことをいいます。私はこの概念を広義に解釈し、高齢者や子供、愛犬を含めたすべての家族の生活障害を取り除く配慮をすることによって、安全で快適な住まいが創造できると考えています。愛犬はかけがえのない家族の一員です。とはいえ、犬は肢体形状、コミュニケーション手段、ライフスタイル、知性といったあらゆる面で私たち人とは異なる個性の持ち主だということも忘れてはならないことです。人にとって快適なことが必ずしも犬にとって快適とは限りません。ですから、愛犬と暮らす住まいづくりには愛犬の気持ちになって空間をつくってあげることが必要です。

犬の気持ちで作られた家は人にもやさしい

例えば、愛犬の居場所。犬(特の小型犬)にとっては、人の暮らす空間はまるで体育館のような大きさに感じるのではないでしょうか。それでは落ち着かないし、もともと犬は穴蔵のような囲われた空間のほうが安心できるという習性がありますから「穴蔵のような場所を利用して愛犬専用の居場所をつくる」といった考え方です。「滑りにくい床にする」ことは愛犬の足腰に負担をかけないための配慮ですが、これは人にとっても転倒しにくい安全性の高い空間になります。また、「家電コードを露出させずにすっきりした空間にする」ことは愛犬を感電事故から守る配置ですが、人にとっても埃にまみれたレコードの不快感から解放され、掃除という家事労働の軽減にもなります。これらは目的や効果こそ多少違いがありますが、人にも犬にも役立つ優れたバリアフリーデザインです。つまり愛犬共生住宅の創造は、人と犬に共通のバリアフリーデザインと個性のためのバリアフリーデザインの両輪が必要だと思います。

部屋のイメージ

犬のイメージ