全国に広がる家づくりネットワーク イノスグループ

家族とつながる家づくり

女性に優しい家づくり
2017.08.07

できる主婦必見!ワンランク上の女性目線な家づくりとは?

630420 1706-6C_10778001081.jpg女性目線の家づくりが主流といわれるこの時代。主婦が重視したいポイントといえば、家事の利便性ではないでしょうか。でも、せっかくマイホームを建てるなら、女性のこだわりをたっぷりと詰め込んだ、主婦にとって理想的な「女性目線の家づくり」をしたいものです。

女性目線の家づくりに欠かせないのが、「憧れのコーディネート」と「ワンランク上の暮らしのイメージ」を意識すること。ここでは、この2つを意識した女性目線の家づくりについて解説します。

女性目線の家づくりに欠かせないコーディネート

女性目線の家づくりに欠かせないこと、それは住まいのコーディネートです。
家づくりでは、暮らしやすさに対するこだわりが大切ですが、暮らしやすさだけでなく、居心地の良さを感じられる住まいのコーディネートにもこだわってみましょう。

コンセプトに合った雰囲気でデザインする

マイホーム購入の参考にいろいろな家を見ていると、目を引く家にはコンセプトがあることに気がつきます。まずは、憧れる家のコンセプトイメージを具体的に思い描いてみましょう。

ファッションと同じように、家もコーディネートが決め手となります。内装や外装はもちろんのこと、材質や質感、色味や風合いなどで、家の印象はガラッと変わります。「あなたの好み=コンセプト」を決めたうえで、コーディネートを考えていきますので、まずは「和風」「和モダン」「洋風」など、好きなテイストからイメージしてみましょう。理想とする家をしっかりとイメージすることは、ワンランク上の女性目線な家づくりの第一歩なのです。

リビングのコンセプトが重要

リビングはくつろぎの空間。家族みんなが気持ちをリラックスして過ごすスペースです。快適な毎日を過ごすためのリビングをコーディネートする必要があります。

家のトータルバランスを決めるのがリビングです。色選びでは、ベースとなるカラーを意識しましょう。
上質な自然素材を生かした雰囲気が好みなら、明るめのベージュをテーマにしたナチュラルカラー。心が落ち着く温かみあるカラーが好みなら、木材の質感が深みを感じさせるウッディな色合い。アジアンテイストに仕上げるなら温かみのある白い漆喰(しっくい)壁とダークブラウン。といったように、好みのカラーでコーディネートします。
リビングで選んだベースカラーによって、インテリアも変わってきますので、しっかりとコンセプトを決めて選択するこだわるようにしましょう。

内装・外装の部材にこだわる

家づくりのコンセプトを表現するのは、カラーだけではありません。家の中の雰囲気は、内装の部材によって変わりますし、屋外から眺めた家の印象は、外装によって変わります。内装・外装でも、コンセプトに合った部材選びを心がけましょう。

内装は、部材の持ち味が、家の中の雰囲気づくりの決め手となります。なめらかな木肌が特徴的なメープル、室内に重厚感を漂わせるチーク、淡い赤みが女性らしさを演出するチェリーなど、どういった種類の木材を選ぶかで部屋の印象はもちろんのこと、家で過ごすときの気分も違ってきます。

外装は、形状や部材などにこだわることで、家の印象を変えることができます。一方だけの屋根が傾斜し、スタイリッシュなイメージを持つ片流れの屋根を採用してみたり、外壁を美しく彩るタイル張りにしたりと、さまざまなこだわりで家を演出できるのです。

インテリアで雰囲気づくり

部屋の印象は、部材だけでなくインテリアでも大きく変わります。家具をはじめ、壁紙やカーテン、照明器具にいたるまで、インテリア選びは女性にとって家づくりの醍醐味ともいえるでしょう。

リビングでベースカラーを決めておくと、インテリアもスムーズに選べます。ベースカラーにマッチした色味のインテリアを選べば、部屋全体のカラーリングが統一され、まとまった印象になります。

インテリア選びでポイントとなるのは、部屋にとって「最適なサイズ」であり、コンセプトに合った「色味や材質」をもち、使いやすさや室内環境を快適にする「機能性の高い」ものを探すことです。これらのポイントを意識して選ぶと、部屋のインテリアをすっきりとセンスよくまとめつつ、暮らしやすい空間となるでしょう。

630420 1706-6B_10272002691.jpg

ワンランク上の暮らしをイメージした機能性

憧れのマイホームで女性らしい時間を満喫したい。そんな主婦の理想をかなえてくれるのが、女性目線の家づくりです。その理想を実現するためには、次のような女性らしさを満たしてくれつつ、機能性の高いものを選びましょう。

ウォークインクローゼットでオシャレな気分を演出

単に物をしまうだけでなく、オシャレな収納にしたい。そんな願望がある方は、ウォークインクローゼットを取り入れてみてはいかがでしょうか。設計段階で間取りをうまく工夫すれば、ウォークインクローゼットも夢ではありません。

ウォークインクローゼットは、洋服やバッグ、アクセサリーなどをお店のようにディスプレイ感覚で収納できるので、毎日の洋服選びもきっと楽しくなるはず。また、収納スペースも充実しているので、家族のものもたっぷりと収納可能です。

収納スペースの機能性をさらに向上させるなら、二方向から出入りできるウォークスルークローゼットを選ぶののひとつの手です。収納スペースへの出入り口が増えるので、家事動線の機能性がアップ。限られたスペースを有効に使うことができます。

メイクタイムも充実。くつろぎのドレッシングルーム

ゆったりくつろげるドレッシングルームを設計すれば、毎日のメイクタイムもさらに楽しくなります。広めのドレッサーやたっぷりとした収納で、自分好みのドレッシングルームにカスタマイズしてみましょう。

ドレッサーにもデザイン性や機能性にこだわったラインアップがたくさんあります。鏡が大きくメイクしやすいタイプや、鏡裏や引き出しにたっぷりと収納できる機能性の高いタイプなどその種類はさまざま。ドレッシングルームの雰囲気に合わせるだけでなく、使い勝手に優れたものを選ぶことをおすすめします。

日々の疲れを癒やしてくれるゆったりしたバスルーム

一日の終わりに疲れをほぐしてくれるのが、ゆったりしたバスルーム。リラックスムードを高められるよう、壁に落ち着いた色味を取り入れたり、足を伸ばせるバスタブを選んだりと、バスルームもしっかりとこだわるようにしましょう。

また、バスルームには、さまざまな機能性を持たせることができます。例えば、ミストサウナを設置すれば、シャワーだけの日でも身体が芯から温まったり、毎日使用することで肌の水分量がぐんと増えたりするのだとか。浴室暖房乾燥機を設置すれば、梅雨の時季や真冬でも毎日が洗濯日和に。バスルームへのこだわりが、日々の暮らしを充実させてくれるのです。

みんなに自慢したくなる憧れのマイホーム

家づくりに女性目線のアイデアを取り入れることで、理想的な暮らしが手に入ります。コーディネートと機能性にこだわりながら、ワンランク上の女性目線な家づくりに取り組んでみてくださいね。

参考:

関連記事:
ママ目線の家づくりにこだわった、イノスの家自慢のプラン「MOTENA」
ママがうれしい理想の住まい

カテゴリ

新着情報

過去の投稿

pagetop

​​