INFORMATION家づくり便利帖

  • 建物のはなし

2019.05.17

建て替えorリフォーム、ウチの場合はどっちがいいの?費用とメリットを徹底比較


1903-2A_10161017947 - コピー.jpg
家を建てた後に一定期間が経過すると、建物に傷みや不具合が生じたり、ライフスタイルと間取りが合わなくなったりすることがあります。そのような不満を解決する策といえば、建て替えかリフォームでしょう。両者のうちどちらを行うべきか迷ったときに、どう考えたらいいかを説明します。

建て替えとリフォーム、違いは安さ?

一般的に、建て替えの費用目安は1,000万円~、リフォームは数百万円~1,000万円程度と、費用に大きな違いがあります。そのため、出費を抑えたいならリフォームのほうがいいと考えてしまいがちです。しかし、リフォームは部分的な施工であるため、数年後に再度リフォームが必要になることがあります。また、建て替えでも、取り壊しや仮住まいの費用など建て替え費用以外の費用が発生する可能性があり、建築費以外の出費も見積もらなければなりません。費用面のみで簡単に比較することは難しいので、それぞれの特色にも留意することが重要です。

建て替えとリフォームを比較

1903-2C_07900001488 - コピー.jpg
建て替えにするかリフォームにするか、価格以外の視点でも比較して考えたいところです。双方の特徴や注意点を並べてみましょう。

家づくりの楽しさを味わえ、満足度も抜群の建て替え

建て替えは、建物を取り壊してゼロから家を建てます。大きな間取り変更や、最新設備の導入などの希望をかなえられますし、耐震性や省エネ性など、躯体(くたい)そのものの性能を大幅に向上させることも可能です。家の内部だけでなく、外壁や屋根もすべて新調できますし、玄関までのアプローチや駐車場なども変えることができます。

多くの要望をかなえられるため費用も大きくなりがちですが、高い満足感を得ることができます。また、1棟まるごと責任を負うため、完成後のアフターフォローも充実している建築会社が多いです。

建て替えのデメリットは、一定以上の費用がかかることでしょう。工事期間もリフォームより長くなり、建物を取り壊してしまうため、別の場所に仮住まいしなければならないでしょう。賃貸料金・敷金礼金など仮住まいにかかる費用も発生するため、費用面の負担が大きくなります。

また、1棟分の荷物整理と不用品の廃棄、2回の引越しなど重労働が求められます。仮住まい生活は半年以上になると考えられますが、住み慣れたマイホームとは違う生活に、精神面での負担もあるかもしれません。

家の不満をピンポイントで解決できるリフォーム

リフォームは、建物の使える部分は残す方式のため、取り壊しや廃棄が少なくなり、同時に費用も抑えやすいです。小規模なリフォームであれば、仮住まいをすることなく工事が可能でしょう。補修や改善が必要な部分のみ手を加えて、住み心地の向上を実現できます。家自体に思い入れがある、住み慣れた間取りで生活したい、といった人にはうれしい工法でしょう。

しかし、今ある家に配慮しながら工事を進めるために、より慎重に工事をすることになります。そのためリフォームは、施工効率が悪いともいえ、工事規模から考えると費用が割高になることもあります。

リフォームの規模が大きくなると、建て替えに匹敵する費用がかかってしまうおそれもあります。例えば物件の痛みが激しい場合は、躯体性能を上げる施工が必要になり費用が大きくなります。特に、耐震性能を上げたい場合は、費用をかけても大きな効果を得ることが難しく、建て替えのほうが目的にかなうでしょう。

大規模リフォームの場合は、仮住まいも必要になるケースが多いです。「小規模リフォームのつもりでいたら、工事を始めてから痛みが発覚し大規模リフォームになってしまった」といったこともあるので注意が必要です。また大規模リフォームの場合は、建物の建ぺい率や耐震性が法律に則っているかをチェックする「建築確認」も行わなければなりません。

さらに覚えておきたいのは、リフォームでは家に対する問題を解決できないこともあることです。間取りの大幅変更ができない場合や、築年数によってはリフォーム自体ができない可能性もあります。

建て替えとリフォーム、契約までのポイント

契約までの基本的な流れはどちらも「相談・打ち合わせ」「見積」「契約」となります。契約に至るまでの過程でどのような点に留意すればいいでしょうか。

建て替えはトータルの費用と工事期間を意識しよう

建て替えでは、純粋な「建設費」以外の費用もかかります。例えば、解体費用、測量、外構費用などさまざまな出費が考えられます。個別性が高いので一概にはいえませんが、建築費以外の費用は全体の2~3割ともいわれます。相談・打ち合わせの際に、建築費用以外のコストをしっかり聞いておきましょう。

総額だけでなく、どの費用がどのタイミングで必要なのかも重要です。また、工事期間が長いので「いつまでに終わらせたいか」の希望があるときは最初に伝えなければなりません。

建て替えでは通常、本契約の前に敷地や周辺環境調査があります。行うことで見積の精度が上がるので、必ず実施しましょう。また、着工前に地盤調査が行われますが、調査内容によっては、地盤改良が必要です。

リフォームは事前準備が大切

1903-2B_10179015818 - コピー.jpg
リフォームの相談・打ち合わせ時に現状の図面を用意しておくと、打ち合わせがスムーズにすすめられます。どこにどのような不満があるのかも具体的にまとめておきましょう。事前準備をしっかりしておけば、希望に沿ったリフォームを実施してもらいやすいです。

耐震性や躯体に問題があると、思わぬ費用がかかります。費用はかかりますが、家の状態を診断する「ホームインスペクション」を事前に受けておくと安心です。ホームインスペクションの費用は数万~10万円程度とされています。また、躯体の痛みが激しいときは、建て替えに切り替えることも検討していきましょう。

費用とメリットをバランスよく検討しよう

建て替えとリフォームのどちらを選ぶかのポイントは、不満がどの程度なのか、その不満をどこまで改善したいかによるでしょう。現状で家の不満・改善したい点が小さいのであればリフォームが、大きく変えたいのなら建て替えが適しています。費用面が気になって建て替えをあきらめている人もいるかもしれません。しかし、希望の家を手に入れたいなら、費用面だけの比較はあまり合理的ではありません。費用面ももちろん重要ですが、まずは家をどこまで直したいのか、どんな機能や性能を得たいのかを家族で話し合ってみましょう。

安心安全快適な家づくり
イノスの家
https://www.inos-ie.com/