INFORMATION家づくり便利帖

  • 建物のはなし

2019.07.19

住まいと健康に悪影響!?結露しない家づくりのポイントとは

1905-2A_10179015832 - コピー.jpg
朝、カーテンを開けようと窓に目をやると、大量の水滴が付着していることが。部屋がジメジメしていると感じることもあるでしょう。
それは、結露によって起こる症状です。結露というと冬場だけの現象と考えてしまいがちですが、夏場にも発生することをご存じですか?

結露は住まいだけでなく、健康にも悪い影響を与えてしまいます。
では、どうやって結露を防げばいいのでしょうか。今回は、一年を通じて覚えておきたい結露を防ぐ家づくりのポイントについてお伝えします。

結露の原因とは?

結露の正体は、空気中の水蒸気。目に見えない空気中の水蒸気(気体)が冷やされることで、目に見える液体に変化します。
例えば窓の場合、寒い時期には冷たい外気が窓の表面温度を下げます。室内で水蒸気が発生していると、水蒸気を含んだ室内の空気が冷えた窓に触れます。室内の空気中の水蒸気が一定の温度になることで、結果的に結露が発生してしまうのです。

知っていますか?夏に発生する「夏型結露」

結露というと冬場に発生するイメージがありますが、実は夏場でも結露は起こることが。夏に発生する結露は「夏型結露」とも呼ばれており、木材が腐ったり家屋の断熱効果が失われてしまったりと、さまざまな問題を引き起こします。
夏型結露が招く問題については、後ほど詳しくお伝えします。

気づけばこんな症状が...。結露のトラブルとは?

結露が発生すると、住まいの中でさまざまな症状があらわれます。また、結露対策をしないと、最終的には家だけでなく人体にも影響が出てしまいます。
まずは、一般的な結露のトラブルを見てみましょう。

住まいにあらわれる結露のトラブル

結露のトラブルがあらわれやすいのが窓。外気で冷やされやすい窓は、結露トラブルが頻繁に起こってしまいます。窓やカーテンが結露でびっしょり濡れてしまうという悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

ほかにも、壁に汚れたシミができる、押し入れの中やふとん、畳、タンスの後ろなどあちこちがジメジメしているなどのトラブルもあります。

放っておくとカビやダニが発生する!?

窓や壁に発生した結露を放っておくと、カビやダニが発生する原因に。それだけでなく、カビの胞子やダニのふん、死がいが浮遊してしまうこともあります。

健康被害を及ぼしてしまうことも

結露が原因で発生したカビやダニを放置していると、健康面で住まいの環境が悪化してしまいます。浮遊したカビの胞子などを吸い込むことによって、喘息やアレルギー、アトピー性皮膚炎などを引き起こす原因になることもあります。

壁面内や基礎部分にも問題発生の可能性あり

冬場の一般的な結露とは異なり、夏型結露は住宅の基礎部分や壁の中で結露を起こし濡れることを指します。
家の基礎は夜の気温で冷やされます。そこに湿った空気が触れることで結露を起こします。特に新築の家では木材が完全に乾いていないケースも多く、温度の上昇にともない中に含まれていた水分が滲み出て、温度の低い箇所で結露を引き起こしてしまうことが。
結果的に木が腐ったり、断熱材が湿って断熱性能が低下したりという問題が起きます。

また、冬場の結露は壁などに生じる表面結露が主な症状であるため、目に見えやすいという特徴があります。一方、夏型結露は目に見えない部分に発生するため、気づけばカビやダニが発生するまで進行していたというケースも少なくありません。

結露しない家づくりのポイント四つ

1905-2B_10131025707 - コピー.jpg
結露はあたたかくなった部屋が寒くなったときや、外との温度差が大きくなったときに発生します。また、前述のとおり、部屋内だけでなく夏場には壁の中や床下にも発生します。
結露を防ぐポイントは、熱が逃げにくく入ってきにくくなるように住まいの性能をアップさせること。結露しない家づくりのために欠かせない四つのポイントを見てみましょう。

断熱性にすぐれた窓ガラスを使用する

窓に複層ガラス真空ガラスを採用することで、断熱性能がアップします。高断熱複層ガラス遮熱高断熱複層ガラスなど性能の高い種類もありますので、地域に合わせて選びましょう。また、断熱性にすぐれた窓ガラスを採用することで、結露を防ぎながら、あたたかい室内で暮らすこともできます。

サッシを二重にする

サッシの内側にもう一枚のサッシを取り付け、二重サッシにすることも結露防止の効果的な方法です。結露を防ぐだけでなく、防音性が高まるというメリットもあります。

樹脂窓を選択する

窓の結露はガラス面ではなく框(かまち)や枠に結露が生じることが多いものです。熱を伝えやすいアルミを窓枠に採用したサッシでは、結露を防ぐことは難しいでしょう。結露対策を考えるなら、窓枠には「樹脂」を採用するのが効果的です。

調湿機能のある建材を採用する

壁材に調湿機能があるものを採用するのも結露対策に効果を発揮します。結露の防止につながるだけでなく、室内を快適な湿度に保つメリットもあります。

マイホームの断熱性を高める

家の断熱性をアップさせることで、結露しにくい家づくりができます。壁の外側に断熱材を貼り付ける外張り断熱工法や内側に断熱材を入れる充填断熱工法、断熱材の原料を直接散布する吹付断熱工法などがあります。マイホームづくりを依頼するハウスメーカーに相談してみましょう。

考えておきたい日々の結露対策

1905-2C_28144094723 - コピー.jpg
結露対策に配慮した住まいづくりも重要ですが、日々の暮らし方でも結露対策は可能です。次の三つのポイントに気を配ってみましょう。

十分な換気を意識する

室内の水蒸気の原因は、「風呂場や洗面所から出る水蒸気」「炊事中に出る水蒸気」「体温が高まる就寝中の体から発散される水蒸気」「鉢植えから出る水蒸気」など。普通に生活しているだけでも、さまざまな場所から水蒸気は発生してしまいます。そのため、換気扇を回したり窓を開けたりするなど、こまめに換気し水蒸気を排出するようにしましょう。

換気扇のお手入れも忘れずに

室内や浴室の換気では、換気扇を使うことが多いことでしょう。換気扇が汚れていると、換気能力が低下してしまうだけでなく、エネルギー効率を低下させたり換気設備の故障につながったりもします。効率的な換気を行うためには、換気扇の定期的なお手入れを心がけましょう。

水蒸気が発生しないように気をくばる

そもそも水蒸気の発生を抑えるよう心がけることで、結露を未然に防ぐことができます。例えば、洗濯物を部屋干しすると、水蒸気発生の原因になってしまいます。そのほか、風呂のフタを開けっ放しにしたり、過剰に加湿器を使用したりといったことも、水蒸気の原因になってしまいます。それらを控えるだけでも、水蒸気発生の抑制につながります。

家づくりの段階から結露対策は考えておく

マイホームだけでなく人体にも影響がある結露。放っておくと症状が悪化してしまうため、対策が必要です。日々の暮らしのなかでできる対策はもちろんですが、家づくりの段階から結露対策は考えておきたいところ。
ハウスメーカーなら結露対策につながる工法を用いた家づくりを依頼することもできるので、相談してみてください。結露の発生を抑え、快適で健康な暮らしを手に入れましょう。

安心安全快適な家づくり
イノスの家
https://www.inos-ie.com/