INFORMATION家づくり便利帖

  • 実録!エアコン2台で快適4人家族

2020.08.05

快適だけじゃない! 家計もプラスに? ENETOMOの家の光熱費

今建てる住まいに求めるべきもの

皆さんは住まいを建てる際、何を重視しますか。家の広さや間取り、もしくはインテリアでしょうか。ライフスタイルや家族構成、趣味嗜好はご家族によって様々、気にされるポイントはもちろん異なります。しかし、家族の健康や安全を大切に想う気持ちはどのご家族も一緒でしょう。

「実録!エアコン2台で快適4人家族」では、ご家族の健康に繋がる快適な住まい「ENETOMOの家」をご紹介してきました。高い断熱性能を持つ住まいだからこそ、必要最低限のエネルギー消費で快適に暮らすことができるのです。さらに、その住まいの"副産物"として「光熱費が削減できる」ということをご存知でしょうか。今回はENETOMOの家の光熱費事情に迫ります。今、住まいを建てるなら「家族の健康をつくる、経済的な住まい」は欠かせないキーワードです。

必要最低限の冷暖房器具で快適!

「冬もエアコンだけで生活できているのが嘘みたいです」と嬉しそうに話してくださったのはENETOMOの家に住まわれて1年になるE邸の奥さま。以前お住まいだったマンションでは、エアコンの他にガスストーブ、セラミックヒーターを使用して冬場を過ごされていました。
「以前はエアコンをつけている部屋以外に出るのが嫌でした。お風呂の時間は脱衣所でセラミックヒーターをつけないと我慢ができなくて...それでも寒かったです。この家ではどの部屋も寒暖差がなく全く苦になりません」と奥さま。

一年の中でも光熱費が最も高くなるであろう真冬の時期も最低限エアコンだけつけていれば家中で快適に過ごせるというのはENETOMOの家の最大の魅力のひとつ。冷暖房器具の使用個数の減少だけで考えてもエネルギー消費や光熱費は抑えられそうです。

_DSC5782 - コピー.JPG
(cap)E邸のダイニング。真冬の寒い日も真夏の暑い日もLDKはエアコン1台で快適です。

気になる光熱費は?

では実際の光熱費はどのようになっているのでしょう。Eさんご家族、以前は4DK(約70㎡)のマンションに4人で住まわれていました。「マンション暮らしの時は、真冬の2月で1万5千円を超える電気代、ガス代は7千円ほどでした。現在の家は2階建てで広くになったにも関わらず、今年の2月は電気代1万3千円、ガス代は1,500円と前の家を下回っています。年中快適でこの光熱費はありがたいです」。
新築したENETOMOの家は約128㎡と倍近くの広さがあるのに対し、約7,500円もの削減に。この結果には奥さまも驚きのご様子です。

家計にプラス!? 太陽光発電システム

ENETOMOの家で嬉しいのは光熱費の削減だけに留まりません。「太陽光発電システム」を搭載しているため、自家発電が可能です。E邸にも太陽光パネルを乗せています。「太陽光発電を開始したのは8月からなのですが、今年2月までを見ても、月々平均5千円以上売電があります。5月の発電・売電がいちばん多いと聞いているのでこれからが楽しみです」
また、エネルギーの見える化ができるようになり、使用しているエネルギーを気にするようになったと話す奥さま。越して1年目の現在は、光熱費を確認しながら"何をするのにどのくらい電気を使っているのか"を意識されているそう。「料理の仕方や家電の使い方を工夫して上手に使っていこうと思ってます」とのこと。

_DSC3677 - コピー.JPG
(cap)発電量や消費電力、電気の自給率や売電・買電の状況、CO2の削減量なども、モニターを使ってリアルタイムで確認ができます。電気の見える化によって、ご家族の節電意識だけでなく環境への意識も育みます。

ENETOMOの家で光熱費0円も可能に

現在日本では国が2030年までに新築住宅の平均でZEH(ゼッチ)の実現を掲げています。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅のエネルギー消費を抑え、同時にエネルギーを創ることで、家庭でのエネルギー消費量をネット(正味)ゼロにする住宅のことです。

ENETOMOの家は、このZEHに対応可能。最新の技術と設備、設計工夫によってエネルギー消費量を最小限に抑え、太陽光発電システムによってエネルギーを創ります。そのため、光熱費(冷暖房、換気システム、照明、給湯)を0円に抑えることが可能になります。
※一般的な過程における光熱費を想定。平成29年10月現在の電力購入価格・売電価格に基づいて算出。

電力関係図 - コピー.jpg
(cap)家庭で電気をつくってエアコンや家電製品に利用。また、売電期間が終了した後など、専用機器を別途導入すれば、電気自動車の電源としても利用できます。

家族の健康と家計への支えが嬉しいENETOMOの家

いかがでしたか。半年間に渡って、ENETOMOの家にお住まいのEさんご家族の生活を紹介させていただきました。寒暖差の大きいマンション暮らしから、年中快適なENETOMOの家での暮らしに変わって、ご家族の笑顔もさらに明るく多くなりました。

一生に一度の買い物と言われる「家づくり」。長きに渡って暮らしていく住まいだからこそ、家づくりの段階からよりよい暮らしのためになる正しい情報を得たいですね。Eさまご家族もイノスグループとの出会いでENETOMOの家を知り、新築しました。「ENETOMOの家についてもっと知りたい、実際に建ててみたい」と思った方は、イノスのホームページから「資料請求」いただくか、「あなたの街のイノス」から会員建設会社にお問い合わせください。次回は皆さまのご自慢の住まいをご紹介させていただくかもしれません。

厳選された高性能構造材 住友林業のPFウッドで建てる家