INFORMATION家づくり便利帖

  • 建物のはなし

2020.02.07

未来につながるマイホーム、省エネ住宅の魅力とは?

3A_07900005846 - コピー.jpg
環境問題について私たち一人ひとりが考えなければいけない今の時代、できればマイホームも環境に配慮した省エネ住宅にしたいところです。でも、ほかの住宅より高くなるのなら、正直悩んでしまう......。
今回は省エネ住宅のメリットやデメリットについて紹介します。マイホーム検討の際の参考にしてください。

環境にやさしいだけじゃない!こんなにある省エネ住宅の魅力

省エネ住宅のもっとも大きなメリットは環境にやさしいことですが、住む人にとっても次のように多くの魅力があります。

Ø 季節を問わず快適に過ごせる

断熱性が高く気密性にも優れており、過度に冷暖房に頼ることなく、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。部屋ごとの寒暖差が少ないのもうれしい特徴。ヒートショックを防ぐことにもつながります。

Ø 遮音性が高い

気密性が高いため、一般的な住宅よりも比較的遮音性にも優れています。

Ø 光熱費を抑えられる

高断熱・高気密仕様で冷暖房機器に頼りきる必要がないため、光熱費を節約できます。そんな省エネ住宅のなかでも、太陽光発電のような自家発電システムでエネルギー創出もするZEH(ゼッチ)住宅は、特に大きく光熱費を削減できる可能性があります。ZEH特集① ゼロエネルギーハウス(ZEH)は価格が高い?ZEHは本当にお得なの?の記事にあるように、従来の住宅に比べて年間約17万円もお得になるといった結果が出ているのです。

Ø 補助金や優遇制度がある

一定の条件を満たしていれば、補助金や税金の優遇制度など、さまざまな公的な援助を受けられます。

Ø きれいな空気の中で過ごせる

省エネ住宅では通常高性能な24時間換気システムを導入しており、室内の空気をきれいに保つことができます。

Ø 家が長持ちする

上述の24時間換気システムによって、住まいの強度低下を引き起こす、結露の発生を抑えられます。結果的に家が長持ちしやすくなります。

押さえておきたい省エネ住宅の注意点

3B_10568004752 - コピー.jpg
省エネ住宅の注意点も見ておきましょう。

初期費用が高くついてしまう

断熱性・気密性の高い省エネ住宅は、高性能の断熱材やサッシなどを使用するため、従来の住宅よりどうしても初期費用が高くなります。前述のZEH住宅の場合は、さらに太陽光発電システムの導入費用がかかります。

建築業者を見つけるのが難しい場合がある

省エネ住宅は国で審査基準が設けられているだけでなく、地域によっては断熱材の厚みや種類まで指定されるケースもあります。基準をすべて満たす省エネ住宅を建てられる業者が、なかなか見つからない場合があるのです。

なかでもZEH住宅は、ZEH特集② 知っていますか?実はZEHには日本の基準があるのですの記事にもあるように、特に厳しい基準が設けられています。「ENETOMOの家」は、そんな厳しい基準をクリアしたZEH対応住宅ですが、施行可能な工務店は全国にあります。省エネ住宅を取り扱う業者が見つからずに困っている方は、お近くにイノスグループの工務店がないか、こちらでご確認ください。

環境・家計・健康すべてにやさしい省エネ住宅

3C_33000004095 - コピー.jpg
省エネ住宅はエネルギーを効率的に活用する住まい。CO2排出量が抑えられる環境にやさしい住宅であり、毎月の光熱費を削減できる家計にやさしい住宅でもあります。また、高性能な換気システムの働きで、いつもきれいな空気の中で過ごすことも可能。環境・家計・健康すべてにやさしい住まい、それが省エネ住宅です。

結果的には費用的にもお得感のある省エネ住宅

省エネ住宅は初期費用が多少高くつく可能性がありますが、場合によっては補助金を受け取ることができます。また、毎月の光熱費削減分で、いずれ導入コストを回収することも十分可能です。環境だけではなく人にもやさしい省エネ住宅。マイホームをお考えなら、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

厳選された高性能構造材 住友林業のPFウッドで建てる家