INFORMATION家づくり便利帖

  • 初めての戸建て住宅購入

2020.05.07

省エネ設計で光熱費削減!家計のことを考えた家づくりをしよう

11-3A_07800043272 - コピー.jpg
家を建てるとなると建築費のことばかり気になりがちですが、家を建てた後の、暮らしのランニングコストもしっかり考えておきたいところ。暮らしのランニングコストのなかでも、大きな割合を占める光熱費の存在は無視できません。
そこで今回は、光熱費削減につながる省エネ設計について考えていきます。

光熱費削減につながる省エネ設計の例

光熱費削減を考えた家づくりでは、省エネ設計が欠かせません。どういった設計をすることで、光熱費の削減につながるのでしょうか。いくつかの例を紹介します。

断熱性能を高めることで消費エネルギーを削減する

断熱性能に優れた家は高断熱住宅と呼ばれ、外気が入り込みにくく室内の空気が逃げにくいつくりになっています。
具体的には壁や床、天井などに断熱材を用いる、ペアガラスを採用して断熱効果を高めるなどで、夏の熱い空気、冬の寒気の流入をさえぎります。同時に、冷房で冷えた空気や暖房で暖まった空気が室内から流出するのを防ぎます。

以上の効果により、無駄なく効率よく冷暖房を使えるため、光熱費を抑えることができるのです。

熱交換型換気システムで冷暖房効率をアップ

現在の建築基準法では、すべての住宅に24時間換気システムの設置が義務付けられています。そのため窓を閉めていても、ある程度は外気温の影響を受けることは避けられません。
そこで検討したいのが、「熱交換型換気システム」です。熱交換型換気システムでは、外気を取り込む際に温度を調整して室内に入れるため、室内の温度変化を小さく保つことができます。その結果、冷暖房効率が向上するので、省エネにつながります。

風や日光など自然の力を借りやすい間取りにする

風や日光などの自然の力を極力借りられる間取りを意識すると、光熱費削減につながる場合があります。

例えばひとつの部屋に、風が入ってくる窓と風が出ていく窓を設置することで、部屋の中に風の通り道ができます。夏に冷房に頼らずに過ごせる日が増える可能性があるでしょう。
また、窓を大きくして暖かい日光をとり込むことで、冬に暖房をつける日が減ることが期待できます。ただし、夏の直射日光をさえぎることができるよう、遮光カーテンをつけるといった対応が必要です。

間仕切りを減らして快適な温度を循環させる

間仕切りの多い住まいは、各スペースに冷暖房器具を設置しなければならない、ドアの開け閉めのたびに室温が変化するなどの理由で、結果的に光熱費がかさむ場合があります。小さな部屋を多くつくるのではなく広い部屋を最小限の数だけつくるなど、ドアの個数の少ない広がりのある空間を意識することで、温度変化の少ない住まいづくりができます。結果として冷暖房負荷の軽減が期待できるでしょう。

「省エネ」にとどまらず「創エネ」で光熱費を大幅に削減

11-3B_33000006558 - コピー.jpg
さらに光熱費を削減するためには、「省エネ」にとどまらず、エネルギーを創り出す「創エネ」にも注目してみましょう。

太陽光発電システムなどエネルギーを創出する仕組みを住宅に組み込むことで、自宅で消費するエネルギーの一部あるいはすべてを、自宅で創ることができます。創ったエネルギーは使用するだけでなく、売却することも可能です。その結果、光熱費の大幅な削減が期待できます。

「省エネ」+「創エネ」のZEHに注目!

前述の「省エネ」+「創エネ」を実現する住宅のZEH(ゼッチ)が注目されています。

ZEHとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称です。家の断熱性を高め、省エネ設計の機器を採用して、使用するエネルギーを抑制するとともに、太陽光発電などでエネルギーを創り出すことで、年間の一次消費エネルギー量収支が「ゼロ」を目指す住宅を指します。

2020年までに ハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上をZEHにすると国が目標を立てるほど、消費エネルギー量削減への効果が期待されているZEH。これから建てるマイホームの光熱費削減を考えるなら、ぜひ検討したい住宅のひとつです。

ただし、ZEHと認められるには厳しい基準があります。詳しくは下記もご参照ください。
ZEH特集②知っていますか?実はZEHには日本の基準があるのです
また、実際ZEHに住むことでどれほどお得になるのでしょうか。

詳しくは『ZEH特集①ゼロエネルギーハウス(ZEH)は価格が高い?ZEHは本当にお得なの?』もご確認ください。

「省エネ」+「創エネ」のZEHでしっかりと光熱費削減を

11-3C_10131070594 - コピー.jpg
ENETOMOの家」は、高断熱・高気密仕様でエネルギー消費を抑えると同時に、太陽光発電システムでエネルギーを創る、ZEH対応住宅です。「省エネ」+「創エネ」で、光熱費を抑えた、家計にやさしい暮らしを実現してみてはいかがでしょうか。

厳選された高性能構造材 住友林業のPFウッドで建てる家