INFORMATION家づくり便利帖

  • イノスの家のパートナー

2021.08.26

福島県郡山市で「お客様の笑顔を追い求めて!」~㈱FutureF(フューチャーエフ)薄井社長インタビュー~

郡山市は首都圏から東北新幹線で約80分、東北の一番南、福島県の中央に位置し、東北地方で第三位の人口規模を誇る商業都市。雪が解け、緑でいっぱいになった郡山で、産声を上げたばかりの「㈱FutureF」薄井社長へインタビューしました。

>フューチャーエフのご紹介、社長の経歴をお願い致します

2021年2月、郡山市に事務所をオープン。3月にイノスグループに入会しました。フューチャーエフって変った社名と思われるでしょう。これは、私たちが「お客様(Family)の未来(Future)を全力でサポートする」想いを込めて付けた社名です。お客様の未来を第一に考え、何世代も住み続けられる住まいのご提案をモットーにスタートしました。
私は、須賀川市の果樹園(桃とサクランボが美味しくて評判です)の長男なのですが、営業職がやりたい、大きな物を売りたいと思って家を飛び出し、大手プレハブハウスメーカーに就職しました。そして19年間、住宅営業として経験を積み、店長までやりました。
その後、プレハブには無い、木造注文住宅の自由設計に憧れを持ち、住宅の幅を広げたい、木造をやりたいと言う想いが募り、ついに大手ハウスメーカーを退職。退職してすぐに3人で工務店を立ち上げ、大手住宅フランチャイズ店に加盟ました。それから7年間、木造注文住宅を手掛けました。そして、工務店が順調に回り始めた頃、私は今年、新たに「㈱FutureF」を起業しました。工務店を起業した当初から、3人それぞれがいつかは独立しようと考えていたのです。そしてスタッフは、大手住宅ハウスメーカー時代の同僚が集まってくれました。
DSC_1274 - コピー.JPG

イノスグループのコンセプト
「ハウスメーカー品質で、人にも環境にも優しく強い家づくり」。
フューチャーエフのスタッフはハウスメーカー出身。

>スタッフのご紹介をお願いします

営業は、私と萱森、垣見、松﨑の4人。工事担当は内川です。この5人は、住宅建築の仕組みと福島県全域を知り尽くしているベテラン揃いです。萱森部長は、元部下。若いのに、お客様を見て仕事をしている。素早い対応がお客様からの高評価を得ています。上昇志向が強く、目標が高い。私の右腕です。インスタ、ネット系にも強く、頼りにしています。
垣見所長は、2つ上の先輩。会津営業所長と不動産担当をしてもらっています。とにかく根が真面目で仕事も丁寧。規則はしっかり守るから、お客様からも信頼が厚い。わが社の規律担当です。

松﨑店長は、後輩同僚。とても明るく、華やかな雰囲気を持ち合わせていて、第一印象はピカ一。第一印象だけでなく、お付き合いが長くなるほど味が出ると、とにかく評判がいい。わが社の切り込み隊長、牽引役です。

内川工事部長は、同期。生真面目、きっちりしていて、更に男気も有る。まさに工事監督は天職。お茶目な一面も持っていて、おやじギャグが得意。いつも和ませてくれる、わが社のムードメーカー。

紅一点、経理担当の松崎さん。美人で、気立てが良く、いろんな場面で気が利く。経理担当なのですが、お客様との打合せ中に子供の相手もしてくれるので、非常に助かります。

そして協力業者として女性がもう一人。一級建築士事務所と提携しておりまして、「空間設計 華」の鈴木さんが手伝ってくれています。女性ならではの、暮らしやすい素敵なアイデアを提案してくれます。

イノスの家づくりシリーズ≪MOTENA≫、「家族を育てる家」「働く女性にうれしい家」のコンセプトにピッタリですね。
無111.jpg

>イノスグループに入会した理由は?

たくさんのフランチャイズ、ボランタリーチェーンを調べ、話しを聞きました。その中で、イノスのシステム、技術指導、木材の質(住友林業のPFウッド)に興味を持ち。近くのイノスグループ会員に会いに行き、現場も見せて頂き決めました。工務店で、耐震等級3、長期優良住宅が普通に取れる。省令準耐火も標準。すごく驚きました。
イノスグループ会員の工務店社長が言うには、住友林業のスタッフが、「とにかく面倒見てくれる。安心して入会しな。」と。入会してみて、実際その通りでした。住友林業の家づくりノウハウを貰っていると実感します。

>家づくりをしていて良かった事、印象に残っている事は?

お客様は十人十色、全てのお客様が印象に残っております。その中でも住宅業界に入って初めてお引き渡しをした時、お客様からの感謝の「ありがとう」は、今でも忘れられません。その笑顔が忘れられず、お客様からもっと笑顔をもらおうと頑張ってきました。「お客様第一主義」、お客様を一番に考え、問題解決の先には、笑顔が待っている事を常に想像して頑張っています。これが私の家づくりを続けるモチベーションです。

もう一つ、木造注文住宅を始めたきっかけがあります。大手プレハブハウスメーカー時代のお客様で、骨董品屋さんの新築をお手伝いしました。お客様のご要望は、プレハブの規格に合わない内容ばかり。大変苦労して、プレハブに出来る限界の規格外の住宅を完成させました。その時のお客様の喜びと自身の達成感は、今でも覚えています。しかし、プレハブ住宅には認定条件など多くの制限があります。やはりお客様のご要望を満たすには木造住宅しかないと強く思いました。この経験が、お客様の夢を叶える家づくりを強く感じさせてくれたのです。

これから家づくりを考えている方に一言お願い致します。今の家づくりのお客様は、20歳から30歳代と、若い世代の方々が多くなっています。昔みたいに、親がアドバイスしてくれると言うのも減っているでしょう。
そんな中でも、我々はたくさんの経験を持っており、それを基盤とした的確なアドバイスが出来ます。しかし、その為には、お客様の家に対する想いを知ることが重要です。なので、いつもお客様から家に対する想いを引き出せるよう努力しています。工務店は、自分の想いだけをしゃべるのではなく、お客様の話しに耳を傾け、理解するからこそ、最適なご提案が出来ると思います。そんな「話を聞いてくれる」工務店を選ぶこと。これがベストだと思います。大変でしょうが、自分の夢を形に出来る工務店探しを頑張ってください。

社名㈱FutureFの由来は、
「お客様(Family)の未来(Future)を全力でサポートする」です。一度、お話だけでも聞きに来て下さい。美味しいコーヒーを入れて待っています。
1111題.jpg

イノス担当から見た、㈱FutureF

穏やかな雰囲気の薄井社長。大手ハウスメーカー営業として19年、工務店として7年間培ってきた営業センスが滲み出ています。お施主への思い、家づくりの熱意を熱く語って頂き、感銘を受け、共感を致しました。大手ハウスメーカーの強み、工務店の強みの両方を知る薄井社長とFutureFスタッフ。「イノスグループは、住宅メーカーと地域工務店双方の良さを併せ持つ住まいづくりをご提案」、FutureFにとって、まさに打って付けのグループです。担当の私も住宅メーカー出身で工務店へと転身された、薄井社長の熱い家づくりへの思いをお手伝いします。

取材協力:()FutureF
https://inos-ie.net/

住友林業のPFウッド INOSの家