INFORMATION家づくり便利帖

  • 建物のはなし

2020.04.13

平屋の外観をおしゃれに!知っておきたいポイントと注意点

24C_10626005781 - コピー.jpg
平屋というと、デザイン的にやや古風なイメージを持つ人がいるかもしれませんが、最近では個性あふれるすてきなデザインの平屋が増えてきました。今回は、平屋の外観をおしゃれに仕上げるポイントと、外観を考える際の注意点を解説します。

平屋の外観をおしゃれに見せるポイント

平屋をおしゃれに見せるためには、外観の印象に影響する、次の4つのパーツに留意する必要があります。

家の印象にもっとも大きく影響する「外壁」

家の印象にもっとも大きく影響するのは、外壁です。清潔感のあるホワイトやシックな印象のブラックなど、選ぶ色によって大きく雰囲気が変わります。個性を強調したい場合は、2種類の色を組み合わせるのもいいでしょう。

また、色だけでなく質感も重要な要素です。日本では、現在デザインが豊富な窯業(ようぎょう)系のサイディングボードが主流ですが、金属系を選ぶとスタイリッシュな印象になりますし、木質系にすればナチュラルな雰囲気に仕上がります。

2階建てに比べて目がいきやすい「窓」

人の目線の高さとの関係などから、平屋の窓は2階建てに比べると人の目が届きやすい特徴があります。サッシやカーテン、ブラインドなどのデザインと、外壁の仕上がりとのバランスまで考えておきたいところです。

窓を大きくすると、平屋ならではの開放感をアピールすることができます。

訪れる人の第一印象を左右する「ドア」

ドアは訪れた人の第一印象を大きく左右します。外壁や窓との調和を考えた素材・色調のものを選ぶのが基本ですが、あえてそれらと異なる印象のものを選ぶことで、かえっておしゃれな雰囲気になる場合があります。

2階建てに比べて断然目立つ「屋根」

人の目線から近いことから、窓同様2階建てに比べて目立ちやすく、屋根の色やデザインでも印象はかなり違ってきます。一般的なのは三角屋根の切妻屋根ですが、シンプルなイメージに仕上げたいなら平面状の陸屋根、シャープに仕上げるなら片流れ屋根など、外壁や窓とのバランスを考えて選ぶといいでしょう。色についても、全体のバランスを考えて選択しましょう。

テラスやウッドデッキでおしゃれさと同時に実用性をプラス

2-4A_11038021352 - コピー.jpg
テラスやウッドデッキは平屋ならではの開放感をアピールできるだけでなく、家族が集うセカンドリビング、洗濯物や布団を干すスペースとして、実用面でも活躍します。

2階建てのようにバルコニーのない平屋においては、日々の暮らしを快適にするうえでも貴重な存在になります。ぜひ検討されることをおすすめします。

平屋の外観で失敗しがちなポイント

デザイン性を意識しすぎたり全体のバランスを考慮しなかったりして、失敗につながるケースがあります。いくつか、例を見ていきましょう。

屋根のデザインを軽視していた

前述のとおり、平屋では、屋根のデザインが予想以上に外観の印象を左右します。それを知らずに、しっかり検討せずに決めた結果、全体的に洋風のデザインなのに屋根だけが純和風になってしまったというケースも皆無ではありません。

テラスの適切な設置場所を考えなかった

周囲の環境を考えずにテラスを設置した結果、人の目が気になり結局使っていないというケースがあります。また、庇(ひさし)を設けなかったため、雨の日は洗濯物が干せなっかたり鳥の糞(ふん)に悩まされたりするといった声も聞かれます。

パーツごとに決めていったため全体のデザインがちぐはぐになった

パーツごとにデザインを決めてしまった結果、全体がちぐはぐになってしまうケースもあります。屋根と外壁のデザインが合っていなかったり、建物のサイズに比べて屋根が大きすぎたりと、さまざまな失敗につながる可能性があるのです。完成形をイメージしてから、パーツを決めていきましょう。

おしゃれに快適に過ごせる魅力的な住まい「平屋」


デザイン面でも実用面でも可能性の広がる平屋。根強い人気の平屋、メリットや魅力は?で、より詳しく平屋のメリットを紹介しています。なお、「MOTENA 平屋」では、おしゃれさと住みやすさをあわせ持った住まいづくりを提案しています。開放感ある暮らしを満喫できる平屋を、マイホームの選択肢のひとつとして、検討してみませんか。

厳選された高性能構造材 住友林業のPFウッドで建てる家